労働相談Q&A−労働相談

有給休暇はパート職員も含め、申請したときにとれていますか?

有給休暇はパート職員も含め
申請したときにとれていますか?


疲れの回復、家族との団らん、生活にゆとりを持つためにも休暇が確実にとれることが大切です。パート職員も含め、6ヶ月以上働いて出勤率が8割以上あれば、10日以上(パート職員は勤務時間・日数に応じて決まる)の有給休暇が取れます。この休暇は勤続年数に応じて最高20日まで増えていきます。賃金が保障され、労働の義務を免除される年次有給休暇を有効に使いましょう。

有給休暇は申請すれば自由にとることができます。使用者は休暇日を変更する「時季変更権」があると言いますが、単に忙しい、人手が足りないだけでは申請した日を変更することはできません。

今年取れなかった有給休暇は来年度に繰り越し(2年で時効消滅)できます。同僚に気兼ねなく有給休暇がとれるよう、必要な人員を配置することも使用者の責任です。


医療、介護、福祉の職場でお悩みの方は・・・
[◆メールこちらから]
[◆組合加入書はこちらから]

▲ このページの先頭にもどる

労働相談Q&A