トピックス−職場から地域から労働条件調査

【13.06.04】『2013年夜勤実態調査』実施について

「2013年度夜勤実態調査」
実施について


 連日のご奮闘に心から敬意を表します。
 「2013年度夜勤実態調査」(医療機関用)の実施について、下記の通りよろしくお願い致します。
「夜勤改善・大幅増員」署名やいのち守る全国一斉地域キャラバン、「5局長通知」を活用した職場改善の取り組みのなかで、勤務時間管理者の明確化、長時間夜勤の見直し、勤務間隔12時間以上確保など、職場の改善が進み始めています。夜勤実態調査は、秋の対政府中央交渉や職場の増員闘争に活用する重要な資料となります。各加盟組織での積極的なとりくみをお願い致します。
なお、医療機関と介護施設のそれぞれ夜勤実態をより正確に把握して運動に役立てるために、2013年度から医療機関と介護施設の調査を分けて実施致します。

1.調査の目的  
夜勤実態を明らかにし、夜勤協定獲得、増員・夜勤制限、労働時間規制の運動に活用します。
2.実施時期   
2013年6月の勤務実績を基本とし、8月31日締切とします。
3.調査対象   
医労連加盟の組合のある施設で、24時間夜勤のある医療機関(重心・筋ジス病棟を含む)の職場を対象とします。特別養護老人ホーム、老人保健施設、グループホーム等の介護施設は、別途、発出する介護施設用の調査用紙をお使いください。
4.調査方法
(1)調査票を各全国組合・県医労連あてに郵送いたします。
(2)調査票の【記入にあたっての注意事項】を読んで記入願います。網掛け部分の項目(ベット数、職場構成数、夜勤形態、夜勤体制、夜勤に入った人数、夜勤回数など)に記入がない場合、集計から除外せざるを得ないこともありますので、よろしくお願い致します。
(3)調査表は8病棟分の記入欄しかありません。記入欄が不足の場合は、コピーで対応願います。
(4)記入されたものは、愛知県医労連に(全国組合は愛知県医労連にも)送ってください。愛知県医労連から日本医労連に送付します。

夜勤実態調査(医療機関用)


<担当>愛知県医労連 書記長 西尾
〒456-0006 愛知県名古屋市熱田区沢下町9-3労働会館本館403
FAX 052-883-6956 E-mail irouren@roren.net

 

▲ このページの先頭にもどる

トピックス