トピックス−愛知県医労連発要請文書労働条件調査

【13.09.10】「看護職員の労働実態調査」実施について

「看護職員の労働実態調査」実施について

 日本医労連は、2016年からの「第8次看護職員需給見通し」の策定も見すえ、看護職員の労働と健康実態を明らかにして、大幅増員と夜勤・交替制労働の実効ある規制につなげるために、以下のように、前倒しで「看護職員の労働実態調査」を実施します。日本医労連全組織の積極的な取り組みをよろしくお願い致します。


1 目的
  (1)看護職員の労働と健康実態を明らかにする。
  (2)大幅増員と夜勤・交替制労働の改善のために役立てる。

2 実施期間   2013年9月〜10月(回収締め切り・必着は10月28日厳守)

3 調査の方法
 2013年「看護職員の労働実態調査」は、調査票を機械に通して結果を読み取る、マークシート方式で集計します。調査票への記入や集約にあたり、いくつか注意点がありますので、ご協力をお願いいたします。

1、調査票の送付
 マークシート用の調査票は、8月末から9月はじめにかけて加盟組織に直送します(送付部数は別紙)。不足の場合は、愛知県医労連にご連絡ください。 

2、調査票の取扱に関する注意事項
(1) 調査票をコピーして使用しないでください。
 コピーした用紙では、回答を機械で読み取ることができないため、集計結果に反映できません。お送りする専用の調査票への記入をお願いします。
(2) 調査票を折ったり、汚したりしないでください。
(3) 調査票が不足の場合は、愛知県医労連までご連絡ください。

3、記入時の注意事項
(1) 調査票記入の際は、黒の筆記具(鉛筆、シャープペンシル)をご使用ください。
(2) 各設問、それぞれ該当する番号に○を付けて答えてください。枠内から○がはみ出したり、×印を記入したりしないよう、お願いいたします。
(3) 間違えたら、消しゴムできれいに消してください。


4、回収締め切り・必着期日 記入済み調査票の集約・送付について
(1) 回収必着は10月28日(月)厳守して下さい。
(2) 調査票を単組・支部ごとに一括りにしてください。
(3) 2013年看護職員の労働実態調査実施「報告書」(別紙)に必要事項を明記してください。
  単組コードは、別紙一覧を参照して「報告書」に記入してください。
(4) (1)と(2)を一緒にし、愛知県医労連宛てにお送りください。集計は株式会社東海共同印刷(名古屋市)が行います。


5、集計結果の返送について
(1)全国組合・都道府県医労連
  日本医労連から愛知県医労連に対しては、以下をセットにしたCDをお送りします。
   (1) 全体の集計結果(excelファイル)
   (2) 所属する都道府県・全国組合の集計結果(excelファイル)

(2)単組・支部別集計 
  ご希望の労組・支部には、
   (1) 全体の集計結果(excelファイル)
   (2) 所属する都道府県・全国組合の集計結果(excelファイル)
   (3) 所属する労組・支部の集計結果(excelファイル)
   をセットにしたCDをお返しいたします(有料:2,000円+送料実費)。

 ★希望する単組・支部は、2013年看護職員の労働実態調査実施報告書にある、【単組・支部集計】欄の「希望する」に必ず○を付け、調査票と一緒に返送してください。
  代金は、CDに同封の「振込用紙」を使って振り込んでください。

【問い合わせ】
愛知県医労連(担当:西野、西尾)メール:irouren@roren.net



▲ このページの先頭にもどる

トピックス