トピックス−愛知県医労連発要請文書行事案内

【17.04.11】第35回愛知医療研究集会・参加の要請及び、分科会運営委員のご協力について

第35回愛知医療研究集会・参加の要請及び、
分科会運営委員のご協力について


「よい医療・看護・介護の実践交流」を目的に始まった愛知医療研究集会は、1975年10月26日の第1回開催から今回で35回を迎えます。
第35回愛知医療研究集会の記念講演は、「気鋭の憲法学者」木村草太さんです。憲法は、国家の失敗を防ぐための法律だとしています。人権の担い手である、医療・介護労働者として、憲法に込められた力を学びます。
午後からは職種や医療介護の課題の分科会を行います。レポート報告や医療・介護改善の取り組みなど実践的な内容で、/事介助の実践、∋劼匹發糧達、0緡邸Σ雜鄒度改革、てき方の改善について、ゾ磴いを抱え地域でくらす、Π汰粥Π多瓦竜訖の6分科会を設定し交流します。多くの関係者の参加を呼び掛け、共に学び成長する場として成功させていきたいと考えています。各組織で積極的に取り組まれるよう要請します。


1,第35回愛知医療研究集会 開催要項

(1)日程:5月28日(日)10時〜16時30分(受付9時30分〜)
[記念講演]10時〜[分科会]13時30分〜
(2)場所:午前:労働会館東館ホール 午後:労働会館本館

(3)内容:午前・記念講演
記念講演「憲法という希望〜誇りをもって働き続けるために〜
 首都大学東京都市教養学部法学系教授 木村 草太さん

午後・分科会
安全な食事介助の実践に向けて 
子どもの発達にどう向き合うか 
医療・介護制度改革でどうなる?
働き方の改善を共に考えよう 
障がいを抱え地域で暮らすために 
安全・安心の給食に向けて

(4)資料代500円・昼食代:1,000円で注文を受け付けます。(お茶付き)
(5)5月19日(火)までに、別紙用紙に記入の上FAXまたはメールで申込みして下さい。
(6)参加規模150名

2,分科会の内容
チラシ裏の「分科会内容」を参照して下さい。

3,運営の協力について
 各分科会の内容を充実させていくために、すべての組織から担当者を出してご協力下さい。担当者の名前と職種を記入して下さい。

 4,分科会レポート募集します。

各分科会への積極的なレポートを募集しています。

5,第44回医療研究全国集会イン北海道 参加者を組織して下さい
今年の全国医療研は6/29(木)〜6/30(金)北海道開催です。愛知から50名目標で取り組みます。多数参加を組織してください。なお、別途案内が届いていると思います。申し込みは現地にFAXすることになりますが、集約の関係で愛知県医労連にもFAXをお願いします。


チラシpdfはこちら★  

 

▲ このページの先頭にもどる

トピックス