トピックス−職場から地域から

【17.08.10】2017秋闘速報ぁ^γ虜把稍其眦申871円 ただちに千円以上に

8月5日、愛知地方最低賃金審議会(会長 中山恵子 中京大学経済学部教授)は、愛知労働局長(局長 木暮康二)に対し、愛知県最低賃金時間額845円を26円引き上げ、時間額871円へと改正する旨の答申を行いました。本答申について、異議申出(8月21日まで)に関する手続きを経た上で、10月1日から効力発生する予定です。

同審議会には、愛労連知崎事務局長はじめ9名が傍聴し、愛知県医労連からは西尾副委員長が参加しました。議題は、〆把稍其發硫正決定について、⊃概腸餮‘ぞ委員会報告、F団蟶把稍其發硫正決定の必要性の有無について、て団蟶把稍其盞廝況錣硫正決定について、テ団蟶把稍其盞廝況錣硫正決定に係る専門部会の設置等について、Δ修梁勝,執り行われ、30分程度で閉会しました。

平成29年度愛知最低賃金の答申は、平成28年度愛知地方最低賃金845円に対し目安26円(Aランク)・3.08%にとどまりました。 *昨年は目安25円

7月27日、厚労省の中央最賃審議会は、地域別最低賃金額改定の目安についてAランク26円、Bランク25円、Cランク24円、Dランク22円と示しました。この額は1日8時間、月22日働いたとしても年収184万円です。

異議締切は8月21日まで。愛知県医労連は愛知最賃審議会に異議書を提出します。各組織でも異議書を提出できます。愛知県医労連まで申し出てください。
愛知県医労連は愛労連の運動に結集し、憲法に保障された生活できる最低賃金へと引き上げ、最賃を直ちに1,000円以上にし、生計費原則を保障した最賃に引き上げるよう運動していきます。

◆今後予定・最賃審議会◆
日時:8月22日(火)10時〜 
場所:愛知労働局3F会議室


◆シンポジウム◆人間らしい生活と労働の保障を
日 時:2017年9月23日(土)13時15分〜16時
集 合:栄ガスビル(中区栄)
内 容:第1部 講演「働き方」改革を問う
弁護士 棗(なつめ)一郎(日本労働弁護団幹事長) 
第2部 トークセッション・デモ
共 催:労働法制改悪反対実行委員会
人間らしい生活の保障を求める共同実行委員会


▲ このページの先頭にもどる

トピックス