トピックス−職場から地域から

【18.03.16】18春闘速報 第9回非正規交流集会 6組織17名が参加

  無期転換は「非正規要求前進の土台」
まず、この春闘で無期転換を進めよう


愛知県医労連は3月3日、第9回非正規交流集会を開催し、6組織から17名が参加しました。冒頭、愛知県医労連小椋巌執行委員(非正規担当)が挨拶、日本医労連副委員長の三浦宜子さん(非正規対策責任者)に「仲間を増やして無期雇用転換を実現しよう」と題して講演をいただきました。

「無期転換」の大切さ 講演でわかった
講演のあと、各組織から感想と現状について報告し交流を深めました。参加者から「無期転換の理解が間違っていた」「メリットないと思っていた」「労働強化になるのでは」との声が次々と報告。

組合が「無期転換申請」のサポート役に
三浦さんは「無期転換で労働条件は変わらないが、雇用安定の土台となり均等待遇の前進になる。申請して無期転換が獲得できるため労働組合のサポートが大切」と強調しました。

非正規の仲間に渡し切ろう 「無期転換チラシ、アンケート、組合加入書」
林書記長から集会の最後に この春闘 
〔鬼転換の対象者をつかもう 
非正規要求の前進に執念をもって取り組もう 
すべての非正規職員に無期転換アンケート、無期転換チラシ、組合加入書の3点セットを配りきろうと呼びかけました。

▲ このページの先頭にもどる

トピックス